制作費用を集めるには   no comments

Posted at 5:33 pm in 資金

現在では、クラウドファンディングで映画資金集めを行うケースが一般的となってきているのではないでしょうか。映画の制作に興味を抱く人々が、このようなクラウドファンディングを通じて実際に映画を作る人に対して寄付をしているのではないかと推測されています。映画監督など、映画の制作に携わる人が積極的にクラウドファンディングを活用する要因としてはこのようなポイントが挙げられており、継続的にこのような状態が見受けられていくのではないかとみられています。
映画資金をクラウドファンディングで集める

とりわけクラウドのコミュニティが発達している地域では、このようなクラウドファンディングが映画製作の際の資金提供の場として活用されるケースが多くなってきています。北米などの地域ではこのような傾向が特に強くなってきつつあり、映画を制作しようとする人々の資金の調達手段としても大きな期待が寄せられています。また、これから映画を作りたいと希望しながらも、資金の工面をどのようにするか悩む人にとっても、クラウドファンディングによる映画資金集めは重要なトピックとして認識されているのではないでしょうか。
今後はこのような方法で映画を制作するための資金を調達する手段が、一般的となっていくのではないかとみられています。日本においてもこのような手法が取り入れられるのではないかと推測されており、活発な映画製作が見受けられていくことに繋がると期待されています。クラウドファンディングが浸透している地域においては、これまで以上に普及の度合いが見受けられることにより、数多くの映画が制作されるようになるのではないかと思います。映画の資金を集める方法としてクラウドファンディングが浸透することは、様々な所に多大な影響を与えると考えられており、それに伴う波及効果も強く期待されるのではないかと思います。映画業界の著しい発展に関与することが最も期待されており、大きく期待されていくのではないかと推測されています。

Written by yasu on 1月 25th, 2014

映画の音楽を愛する   no comments

Posted at 5:31 pm in 音楽

映画音楽は、映画の中で使用される音楽のことをいいます。
映画そのものの主題、登場人物の感情や性格、場面の状況や雰囲気を、
音楽という抽象的な表現形式によって視聴者に伝達する、重要な役割をもっています。
映画の音楽は、実はとても重要なものなのです。
映画に音声がついたのは1920年代トーキー(音声付きの映画のことです)が発明されてからですが、
それまでサイレント映画を上映する際にも、映画館のなかではピアノなどで音楽を流していました。
特に大きな予算のある映画では、
なんとオーケストラピットでフルオーケストラの伴奏がつくこともあったのです。
驚きですね。
世界で最初の映画楽は1908年、サン=サーンスが『ギーズ公の暗殺』のために作曲した音楽と言われています。
他にも、ショスタコーヴィチが1929年に『新バビロン』、
エリック・サティが1924年に『幕間』を作曲するなど、
初期の映画音楽はクラシック音楽の作曲家が主な担い手なのでした。
日本では山田耕作が1922年から1924年に昭和シネマ制作の『霊楽堂』に付けたのが最初とされています。

わたしが映画の音楽を愛する理由は、作曲家がそれを作ることに大きな苦労と膨大な時間を必要とするからです。
また、尺数に応じた的確な表現、脚本から登場人物の感情などを読み解く能力など単に音楽的感性や才能があるだけでは務まらない仕事でもあり、そこにも映画音楽の面白さを感じるのです。
しかしながら、現在の映画では映画全体の音楽設計とはまったく関係なしに興行上の理由から人気歌手の歌が挿入曲として使われたり、
エンディングのクレジットタイトルバックに流れたりする場合もあります。
また、映画音楽そのものの質が低下していて、ワーグナーやR・シュトラウス、ホルスト、プッチーニ、ストラヴィンスキーなどの既成の作品の亜流である場合が多く、それが音楽自体の芸術性の低下に繋がっているように私には思えてならないのです。
だからこそ私はこれから映画音楽がどうなって行くのかが楽しみでもあるのです。

Written by naoya on 1月 25th, 2014

自主映画制作サークル   no comments

Posted at 5:30 pm in 制作

私は以前自主製作映画サークルに所属していました。その際の経験をご紹介したいと思います。
映画作りは様々な作業が必要で、自主製作サークルには色々な経験者が集まっていました。私はその時シナリオスクールに通っていたので、シナリオの書き方は知っていたのですが、映画作りに適したシナリオの書き方を実践で学びたいと考え、こちらのサークルに所属していました。サークルは20代が中心の社会人サークルで、映画と一言で言っても様々な志向の短編映画を製作していました。
所属サークルはまだ設立3ヶ月という状態で、手探りではじめの映画は製作されました。カメラや映画理論などは映像関係の専門学校を卒業した方が多かった事もあり、あまり問題はありませんでした。まずはサークルで集まり、色々な話をしました。その中からコマドリアニメを制作するチームと短編映画を撮るチームで分かれる事になりました。私は短編映画の撮影に携わっていたのですが、人数が少ない事もあり、シナリオだけでなく計画企画の他、撮影の雑用などにも参加していました。
自主製作映画の良さは、全ての工程に参加する事が可能な事です。この経験はシナリオや文章を書く事を目指していた私にとって、とてもよい経験になりました。どのような文章を書けば相手に伝わるのか、どういった形でシナリオが使われているのかなど、実際に目で見る事ができたのは大きな収穫でした。
また、みんなでひとつのモノを作り上げるのは本当に楽しいです。社会人で仕事をしていると、達成感を得る機会は少なくなります。このサークルに所属した事で、休日に充実した時間を過ごす事ができるようになりました。もちろん時間もお金もかかるので、そういった意味ではとても大変なサークルでした。しかし、そういったものを犠牲にしても、20代の大切な時間をかける意味があると私は思っていました。
映画は一人で何の知識もなく作る事はできません。企画し、撮影、編集を経てできた作品を多くの人に見てもらった時、本当にうれしかったのを覚えています。またそんな時間を一緒に過ごしたメンバーは、私にとって今でも大きな財産です。

Written by naoya on 1月 25th, 2014

BGM   no comments

Posted at 5:30 pm in 音楽

映画の音楽に利用されているものは、様々なタイプのものが存在するのではないでしょうか。映画の劇中に用いられている効果音やBGMなどが最も種類の多い音楽として認識されており、ひとつの作品の中で数多くの音楽が利用されているのではないでしょうか。劇中のストーリーを盛り立てる目的で流されたり、登場する人物の心情を反映するために流されたりするのではないかと思います。このような劇中で用いられている音楽は、映画を構成するうえで非常に重要なものであり、鑑賞する人々の心を掴むきっかけともなるのではないでしょうか。
また、映画の音楽としては主題歌を挙げることも出来ます。映画の随所で流されるケースがあり、とりわけ終末に向かう段階で主題歌が流される場合が多いのではないでしょうか。映画を象徴する音楽が主題歌であり、多くの映画で主題歌が設定されています。映画と同様に主題歌に起用された歌や、歌っているアーティストが注目を挙げる場合も多く、映画を構成するうえで重要な要素となるのではないでしょうか。
このようにして、映画の音楽には複数のタイプのものが存在しています。これらの音楽はいずれも映画を引き立てる効果を以っていると考えられており、今後も重要な要素として認識されていくのではないかとみられています。映画は実際のストーリーが重要であると考える人が多く存在しますが、そのような考えと同様に劇中で利用されている効果音やBGM、主題歌などを重要視する考え方も浸透していくことが予測されています。また、近年ではこのような音楽に関する要素を重視したタイプの映画が積極的に制作されていると推測されており、ニュージャンルの映画として確立されることが期待されています。これまでに見たことの無いタイプの映画として、様々な年代の人たちから支持を獲得するのではないかと考えられており、映画の歴史を塗り替えることへと繋がるのではないかと期待が持たれているのではないかと思います。

Written by naoya on 1月 25th, 2014

少年時代の映画   no comments

Posted at 5:27 pm in 制作

高校時代に入り浸っていたプレハブ小屋が映画研究会の部室だった。ほとんど人気のない建物だったんだけど、ひとりだけカメラを回すのが好きだという同級生がいて、彼と一緒に脚本を書くのが当時の私の楽しみの一つだった。二人で短い脚本を書き上げ(今考えれば支離滅裂な物語だったけれど)ロケハンに行く。「映画は写真と一緒。どこでとるかが一番大事なんだ」と友人は豪語していた。我々は地元にあった廃屋や橋の下、普段は怖くてひとりでは入っていけない酒臭い路地裏等を8ミリカメラを片手にコケーションハンティングをした。不思議とカメラを持っていると(私は8ミリカメラを持っていなかったので、「写るんです」という使い捨てカメラを持参していた。友人もフィルムを買うお金がないという事で、我々は地元をロケハンしながら、こういった角度で撮りたい!と言ってはほぼ無断でスナックの階段の踊り場を占拠したり、路地裏に寝そべってみたり、撮影禁止と書かれている看板をファインダー越しに眺めたりしていた。
ある日彼が、バイトをしてフィルムを買ったと聞いた。我々はある先輩女性に「もしも映画を撮ることになったら撮影に協力してください」と告げていた。先輩は「いいですよ」と答えてくれていた。当時の我々のお小遣いでは5分間の作品を撮ることで精一杯で、用意していた脚本を使用することは出来なかった。結局僕らがロケハンした高校生らしくない場所で、先輩がうなだれている様子の画を撮るのが精いっぱいだった。「これでもうオシマイ」と友人はぼそりと呟いた。カメラを眺めているのは友人なので私には何が撮れたのか、具体的にはわからない。「貴重な時間を撮っている」というなんとも緊張感で一杯だっただけだ。
数日後、私たちは室内に暗幕を張り、出来上がった「作品」を観た。友人は少々申し訳なさそうな顔をしていたのかもしれないが、私にとってはフィルム越しに初めて見る風景だ。ロケハンした場所が白黒になっているだけで、先輩の姿がちらりちらりと現れるだけで、私は涙が出そうになった。
いまだに当時ロケハンした場所は脳裏に焼き付いている。友人と私が見ていた風景は角度が違うが、それでも同じものを観ようとしていたという記憶は、宝物になっている。
ロケハンだけでも楽しいし、実際に撮ってみたら楽しい、現像されたフィルムを観るのも楽しい、全部が全部楽しいだらけの貴重な時間だった。

Written by yasu on 1月 25th, 2014

動画投稿サイトと映画について   no comments

Posted at 5:26 pm in 制作

昨今の映画制作現場においては、デジタル機器の活用は欠かせないものとなってきました。パソコンの発達も映像関連の様々なソフト類の開発も、映画制作を飛躍的に向上させたことは間違いありません。その結果として、映画作りの裾野は従来よりも格段に広がってきました。何しろ昔の映画作りにはフィルム撮影しかなかったのですから、それに較べれば今のデジタル技術は本当に手軽で便利で安上がりです。
実際、デジタルの普及と共に、映画制作者は一部の限られたプロだけではなくなりました。少し極端なことを言えば、映画が大好きなだけの素人同然の未経験者でも、いきなり見応えのある映画を作るようなことさえあるのです。とにかく、デジタル技術が世界の映画制作者人口を爆発的に増加させたのです。そしてそれは、今後の映画の発展にとっては喜ばしいことだと言えるでしょう。
ところでインターネットの世界では様々な動画投稿サイトが人気を博していますが、そこに投稿されている動画にも素晴らしい力作が見られます。その力作とは、もちろん映画的な観点から見た上での力作という意味です。それらの投稿動画は、別な表現をすれば、究極の短編映画であると言えなくもないのではないでしょうか。わずか数十秒、場合によっては、わずか数秒の投稿作品の中にも、キラリと光る映画の輝きが垣間見えることがあると感じているのは私だけではないでしょう。
それらの投稿動画を通して、映画の世界に興味を持ったり、本格的な映画の道に進む人も少なくは無いのではないでしょうか。それはまるで、投稿動画が映画制作のきっかけとなったり、映画へのステップアップに繋がったり、或いは映画への登竜門のような役割を担ったりしているような気もします。
とにかく、優れた投稿動画の中には映画の原石を感じさせるようなものがあります。それゆえ投稿動画の発展は、映画界の発展にも繋がるのではないかと私は思います。また、そのことを強く願ってもいます。

Written by yasu on 1月 25th, 2014

映画作りは楽しい!   no comments

Posted at 5:26 pm in 制作

自主制作で映画を作ってみませんか?
と聞くと「難しそう」「機材や資金がない」などの理由で踏み込めない方が多いと思います。
たしかにデジタル機器などが普及していなかった十数年前くらいは、難しかったかもしれませんが、
デジタル社会の現代でしたら、パソコンとデジタルビデオカメラさえあれば誰でも気軽に楽しむ事ができるのです。
自分描いた物語を映像に残す、とても素敵な体験だと思います。
少しでも興味を持っている方がいたら「世界に1つだけのあなたの映画」作りに是非挑戦してみてください。
では、実際にどのように作るのか説明したいと思います。
・題材を決める(プロットづくり)
まず、どのような内容の物を作りたいのかとりあえずメモ帳に書き出します。
・物語を作る(シナリオ作成)
題材を元に物語を組み立てていきます。
・撮影場所を決める
実際に撮影したい場所を決めてイメージを膨らませていきます。
・絵コンテを書く
撮影場所を見たイメージを元にシーン事に絵に書き出していきます。
手書きでも大丈夫です。
・打ち合わせ
実際撮影に参加してもらう登場人物などに集まってもらい、内容の説明やキャストを配置します。
・撮影
ここで、いよいよ撮影に移ります。
カメラを片手に絵コンテを元に撮影を進めていきます。
このとき照明器具などあると自分のイメージにより近いシーンを演出することができると思います。
・編集
撮影した映像を元にパソコンを使用して編集をしていきます。
各カット毎に繋ぎを入れたり、BGMを入れたりしますが、現在動画編集ソフトなど色々なソフトが開発されているのでそのような物があれば簡単に編集できると思います。

いかがでしょうか?簡単に手順を説明しましたが、意外と手軽に製作できると思いませんか?
撮影時間は、それなりに時間がかかるかもしれませんが自分の世界感を表現する楽しみ、完成した時の達成感は、実際製作をした人にしか味わえないと思います。
少しでも興味を持った方は、ビデオカメラ片手に映画製作の第一歩、踏みだしてみてください。

Written by yasu on 1月 25th, 2014

映画の撮影   no comments

Posted at 5:26 pm in 制作

映画を作るのは、撮影をすればいいだけと思っている人がいるかもしれませんが、映画の撮影をするだけが映画製作と言うわけではありません。
撮影をする前でも、シナリオを作ったり、会議などを何度も重ねることによって、ようやく話を作り上げていくことが出来るのです。
また、撮影についても、シナリオができればすぐに行うことが出来るというものでもありません。
撮影を行う前には、ロケハンと言われている大事な作業があります。このロケハンでは、映画の世界観にあっている場所を見つけ出すというだけではなく、実際にその場に足を運び、この場で撮影をするのならどのように行うのか、ということなどを考えながら行う必要があるのです。なので、ただロケ現場を見学する、ということではありません。
シナリオに基づいた演技をするのに、ふさわしい場所であるのかどうかを見極める必要があります。
そうして、ロケハンでは資料写真などを撮って、丁寧にリサーチを行う必要があるのです。そして、ロケハンである程度の撮影の構図などを決めてからは、次に絵コンテの作成と言うことになってきます。
絵コンテと言うのは、どのように撮影をするのかわかりやすく絵でまとめているもののことを言います。
ロケハンで実際に見た撮影現場をもとにして、絵コンテを作成して行くことになります。この作業もとても大変な作業で、時間を有してしまいます。
そうして絵コンテができれば、ようやく撮影を行うことが出来るのです。ここまでは映画を作り上げるための土台だったということもできます。この土台がきちんとできていれば、撮影も順調に進めることが出来るのです。
撮影も、とても時間がかかってしまう作業です。思い描いている通りの演技などが求められることになるので、演じている側もとても大変な作業と言うこと出来ます。また、撮影地の様子などによっても、撮影が押してしまうことがあるので、思い通りに進まないこともあるのです。

Written by yasu on 1月 25th, 2014

映画製作の流れ   no comments

Posted at 5:25 pm in 制作

映画製作で一番最初に行うことは、プロットを立てるということです。
ストーリーの骨組みを作っていく作業なのですが、話を一から作り上げるときには、とても重要なことです。
ここでストーリーの大筋が決まることになるのですから、時間がとてもかかってしまうことがあります。
また、原作がある場合には、その原作でどのような映画を作るのか、と言うことをやはり決める必要がありますので、この場合もプロットは作る必要があります。
そして、プロットが出来上がれば次は企画会議になります。
ここでは、プロットを基にして、どのような映画祭などに出すのか、ということを考えながらいろいろと話し合っていくことになります。映画祭や上映イベントなどのことを考えながら、いくつかあるプロットから候補を選んでいったりするのです。
次がシナリオ制作になってきます。プロットは大きな骨組みなので、そこにいろいろと肉付けを行う必要があるのです。
ストーリーをどのように進めるか、登場人物のセリフなども、このシナリオで作り上げていくのです。
シナリオ制作が出来上がってから本格的に映画を作り出していく、ということになってくるので、必然的にシナリオの締め切りなどができてきますので、その締め切り内で仕上げる必要があります。
シナリオができれば、ロケハンを行うことになります。
シナリオを基にし、撮影地を細かくいろいろと調べていくことになるのです。撮影はどのような構図で行うのか、ということなどもこの時に決めることになるので、必然的に時間がかかってしまう作業になります。
そして次が、絵コンテを作る作業になってきます。
ロケハンで得た撮影地の情報を基にし、どのような形で映画を進めるのかを絵にするのです。
次がようやく撮影になってきます。カメラマンが絵コンテを基にして、撮影して行くのです。
そして出来上がった映像を編集してから、映画が出来上がるのです。
このように、映画と言うのはたくさんの工程が必要なのです。

Written by yasu on 1月 25th, 2014

映画の音楽   no comments

Posted at 5:24 pm in 音楽

映画製作においては、脚本や監督、それを演じる俳優など、重要な要素がたくさんあるわけですが、少し視点を変えてみると、それ以外にも意外と重要だと思われることがあります。例えば映画の中で使われている音楽などもその一つとしてあげられるのではないでしょうか。映画の音楽というと、いわゆるその映画のテーマソングということになりますが、意外なことにも、このテーマソングによって、その映画の売れ行きが左右されるようなことさえあるそうです。ある特定の俳優や監督などのファンである人たちは、その人たちがかかわっている映画を好んでみるということが多いと思われます。一方で、あるミュージシャンのファンである人たちが、そのミュージシャンが演奏したり歌っていたりする音楽が、映画のテーマソングとなった場合には、それをきっかけとして、その映画に興味を持ち、映画館に行って鑑賞するようなケースもあるわけです。多くの映画館で上映されるような、制作費や予算規模の大きい映画の場合には、当然のことながらテーマソングにも莫大な経費をかけています。ですから、いわゆる名作と呼ばれるような映画の多くは、そのテーマソングもかなり質が高くて、単独の音楽作品としてもヒットしているケースが多いように思われます。一昔前に大ヒットした映画の音楽を集めたCDボックスなどが、日本でもよく販売されていることなどを考えると、映画の音楽として、いかに多くの名曲が使われているのかということがわかります。作曲家の中には、映画音楽を中心に制作活動を行っているような人たちもいます。日本でよく知られたところでは、有名なアニメシリーズのほとんどを手掛けているような超大物の作曲家がいます。もちろん日本以外の国においても、そのように映画音楽を専門に手掛けているような有名な作曲家はたくさんいます。以上のように、映画の中における音楽の存在感というのは、非常に大きなものがあるといってよいのではないでしょうか。

Written by yasu on 1月 25th, 2014